So-net無料ブログ作成

チラシ裏の話 [MFLその他]

大会素材が集まりません。
疲労が蓄積しているのか22時を回ると眠気が増し
ゲームプレイ時間自体減少傾向です。
実は団体戦賞品で行う合成については
未だ一度も挑戦できていなかったりします。
一般プレイヤー視点から言わせて頂くと
かなり厳しい設定になっていますよね。
餌は必要ないですから結晶とか素材ください。
第2回【男の仕事・彼女との出会い】

学校を卒業し看護師となった男は総合病院に勤務していた。
職業上、休日は不定期であり日勤・夜勤が混じり合う事から
土日・祝日は関係無く、盆に正月・クリスマスなどは無きに等しい状況
ゆえに友人と休日が合う事も無く、学生時代の友人とは疎遠となり
職場でも男女比から同性の友達は、ほぼ皆無であった。
そのため遊びに行く回数は減る一方であり
事実、入職してから7年間
旅行等は一度として行ける事は無かった。

こんな状況では恋愛などは夢のまた夢
歳が30にせまりつつあった男には焦りがみられていた。
世間の目から見れば周りがナースに囲まれた環境は
それこそ夢のような職場なのかもしれない。
しかし現実はどうか?
人の命に左右する非常にストレスが貯まり安い職場で
目まぐるしく来る入退院と検査に追われ
職場が変われば新しい職場での
検査手順などを覚えなくてはならないし
またある程度、経験を積んだ男には
新人指導や看護研究等も、こなさなくてはならず
それこそ恋愛どころではなかった。

そんな男を心配したのか
男の父親は結婚について世話をやく様になっていた。
30に差し掛かろうとしている息子が
恋愛の一つも話をしないのだから
心配になったと言えば当然のことである。
男の父親は職場の同僚に声をかけたりしていたのだが
ある時、派遣で来ていた職場の同僚から
紹介したい女性がいるとの事で
父親は一度会ってみてはどうかと男に強く進めてきた。
男は最終的には見合いも仕方が無いと考えていたが
30前にしていきなり見合いをする事には抵抗を感じていた。
男が快く了承しないのに業を煮やしたのか
父親は見合いでは無く、
皆でどこかのボーリング場にでも遊びに行き
そこで意気投合すれば
2人で映画でも見てきてはどうかと提案してきた。

・・・どこの世界に30近くにもなり
親同伴で遊びに行く者がいるだろうか?
男は内心呆れ気味だったが、
堅苦しい見合いでは無く
2人で遊びに行けるという事には少しばかり興味が湧いていた。
結局、男は親におんぶにだっこ状態である事に
羞恥心を抱きながらも
父親の提案を了承し彼女に合う事とにした。

彼女については
写真等で事前に顔を確認出来れば良かったのだが
写真すらないとのことであった。
そのため父親の同僚から聞いた話を
そのまま聞かされた程度の情報しか得る事は出来なかった。
今からして思えば彼女の顔も知らないのに
良く合う気になれたものだと
男は自分の事ながら苦笑する。

200X年5月初旬 ゴールデンウィーク
彼女と初めて出会う来るべき日
市内のボーリング場で待ち合わせていた一行
男とその父親が先に待ち合わせ場所で待機していると
1台のワゴン車から父親の仕事の同僚が顔を出してきた。
父の同僚を始め数人が車から降り、そして彼女が最後に車から出てきた。
はぁ!?
男は父親の同僚を一目見たときから
違和感を覚えていたのだが彼女を見て騒然としてしまった。
ど、どういう事だ!? いったいこれは何の冗談だ?

次回【彼女は〇〇だった!! 出会い編(仮)】
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:モンスターファームラグーン

nice! 4

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。